犬と暮らしのナビゲーター http://arf2-dog.com/
サイトマップ    お問い合わせ   このサイトについて   リンク    ホーム
おもちゃ
 ストレス解消
 お散歩
シャンプー
 日ごろのお手入れ
 コート別手入れの仕方
子犬の病気
 病気の早期発見
 成長過程での病気
 かかりやすい病気
 屋内外の危険なもの
子犬のボディーケア
 ボディタッチ
初めてのグルーミング
 初めてのシャンプー

ホーム  >> 子犬の健康

子犬の健康について

予防接種

予防接種には混合ワクチンがあります。
基本は5種ですが、7種、8種、9種とあります。

ワクチン 5種 7種 8種
感染症 犬パルボウイルス感染症
ジステンパー
犬パラインフルエンザ
犬アデノウイルス1型感染症
犬アデノウイルス2型感染症
5種に加えて
レプトスピラ
(イクテロヘモラジー)
(カニコーラ)
7種に加えて
コロナウイルス

mark.gif 接種する時期

ワクチン接種のサイクルは、3〜4週間間隔です。
生後6週で第1回目、9週で第2回目、12週で第三回目。
あくまでも一般的な例ですので、獣医師とよく相談の上接種しましょう。

mark.gif 狂犬病

日本では1957年以降発生していませんが、人畜共通伝染病の一つです。
発病後の死亡率はほぼ100%で、治療法はありません。
脊椎のある動物はすべて狂犬病にかかる可能性があります。
『狂犬病予防法』という法律があり、接種することは飼い主の義務となっていますので必ず年1回の予防接種を受けましょう。

mark.gif ウイルス性感染症の症状

感染症 症状
狂犬病 前期:沈うつ 不安 挙動不審 異嗜
中期:流涎 嚥下不能 攻撃的 水を恐れる
後期:全身麻痺 衰弱
ジステンパー 前期:発熱 食欲不振 くしゃみ 粘液性または膿性の鼻汁 流涎 流涙 嘔吐 下痢
中期〜後期:肺炎 脳炎 てんかん性発作
・痙攣(けいれん)などの神経症状を示すと死亡率高
伝染性肝炎
(アデノウイルス1型)
発熱 腹部の圧痛 肝腫大 食欲不振 嘔吐 下痢 口腔内点状出血 扁桃の腫脹 まれに黄疸 回復時に角膜の混濁
パラインフルエンザ
伝染性気管支炎
(ケンネルコフ)の原因の一つ
発熱 発咳 鼻汁 扁桃の腫脹
・他のウイルス、細菌、マイコプラズマとの混合感染により症状が重くなる
パルボウイルス感染症 若齢犬では脳脊髄炎の原因にもなる
嘔吐 激しい血様の下痢 食欲不振 脱水を伴う腸炎 白血球の減少
・3〜9週の幼犬では心筋炎などを起こす
・二次感染を伴うと症状は激化し、生命の危険
レプトスピラ症 発熱 筋肉弛緩 食欲不振 嘔吐 脱水 口喝
・動くことを嫌う
・大部分は慢性および無症状だが腎臓・肝臓が侵されると急死
・人畜共通感染症
・九州や関西地方に多いが、最近では全国的に広がる

寄生虫の予防

mark.gif 内部寄生虫

体の内部に寄生する寄生虫を『内部寄生虫』という。
小腸に寄生する回虫、瓜実条虫、鈎虫(こうちゅう)、糞線虫、コクシジウム、ジアルジア。
大腸に寄生する鞭虫。
これらの寄生虫は人にも寄生する。

mark.gif 症状

ほとんどのケースが下痢、貧血や栄養不良の症状をしめす。

mark.gif 感染経路

・寄生虫に感染した犬の鞭で汚染された草や土による経口感染。
・ノミが口から入る場合。
・親犬からの感染。(胎盤感染、経乳感染)
・皮膚からの感染。

mark.gif 予防方法

・第一回目のワクチン接種の前に検便を実施。
・下痢をしたら必ず獣医師にかかり、検査してもらう。
・他の犬の便に触れさせない。
・人間と食器を共有しない、口移しをしない。
・他の犬を触ったら必ず手を洗う。

mark.gif 子犬のときに注意したい寄生虫。

寄生虫症 症状
回虫症
(イヌ回虫、イヌ小回虫)
・小腸に寄生し、消化管に障害が発生
・下痢、嘔吐
・粘液性の便、慢性胃腸炎
・発育不良
・やせて元気がなくなる
・貧血
鈎虫症 ・小腸に寄生し、粘膜に噛み付き吸血する
・極度の貧血、栄養不良
・甚急性型
 ・胎盤または経乳により感染
 ・生後1週間ぐらいで下痢
 ・粘血便
 ・哺乳をしなくなり衰弱
 ・極度の貧血からショック状態→死亡する
・急性型
 ・食欲がなくなる
 ・タール状の便
 ・目や口の粘膜が蒼白となり、腹痛のため背中を
  丸めたような格好
・慢性型
 ・貧血
 ・慢性の下痢
 ・つやがなく不健康
イヌ条虫症 ・便の表面に白い米粒状のものが見える
・下痢
・つやがなく栄養不良
・肛門を気にし、地面にこすりつけるようなしぐさ
フィラリア症 ・蚊による媒介
・予防薬による予防
・人への感染
・心臓と肺動脈に寄生し、他の臓器にダメージ
・肺のうっ血による軽い咳(感染初期:6ヶ月)
・食欲はあるが体重が減少
・毛づやがなく脱毛などの皮膚病
・心不全
・腹水による四肢のむくみ
・異常に水を欲しがる
鞭虫症 ・大腸、おもに盲腸に寄生
・貧血
・腸炎
・栄養不良
・激しい腹痛
・食欲低下
・下痢
・粘血便

mark.gif 外部寄生虫

皮膚や毛など体の外部に寄生し、おもに吸血を行う寄生虫を『外部寄生虫』という。
節足動物のノミやダニがあたる。
激しいかゆみをともない、脱毛や内部寄生虫を媒介したりする。
・ノミ→イヌ条虫。
・マダニ→バベシア原虫、ライム病
・人間にも寄生する。

mark.gif 代表的な外部寄生虫

寄生虫症 症状
毛包虫
(デモデックス)
・別名:アカラスカイセン、ニキビダニ
・人間にも常在
・免疫力の低下により発症(子犬や高齢犬)
・口や下あご、目の周り、前足の前面などの脱毛
・にきびのような膿疱
・毛根が黒くなる
・ダニ自体の生命力が強い
・薬浴や内服による治療
疥癬
(かいせん)
・イヌ穿孔(せんこう)ヒゼンダニが寄生
・激しいかゆみ、脱毛
・フケ
・接触による感染
・人間にも感染し、腹、胸や腕のなどに赤いブツブツができ激しいかゆみ
・薬浴、外用薬の塗布、内服および注射
ツメダニによるフケ症 ・ツメダニによる寄生
・人間にも感染
・激しいかゆみ
・治療は疥癬(かいせん)とほぼ同じ
マダニ ・草むらに入りマダニが寄生
・皮膚の薄い部分(耳、目の周囲、足の指の間)に寄生
・全身のかゆみ
・バベシア原虫媒介による死亡
・寄生されたら決してひっぱらないこと、ダニの爪が皮膚の中に残り、かゆみの原因となる
耳ダニ ・子犬に多く見られる
・耳をかゆがり、汚れる
しらみ ・イヌハジラミが寄生
・ブラッシングによる症状の発見

mark.gif 寄生虫を予防する注意点

草むらには入らない。
症状のある犬に接触させない。
ノミ・マダニ予防薬による予防。
人間にも寄生するものもある。

季節ごとの健康管理

mark.gif 季節ごとに特に注意すべきこと

季節 注意事項
・毛が抜ける季節なので毎日のブラッシング
・梅雨時期は室内を清潔に保つ
・野外ではノミやダニが活動を開始(室内では年中ノミは繁殖する)
・花粉症
・外部寄生虫に注意
・予防薬の定期的な投薬
・皮膚病
・食中毒
・散歩時間は早朝か日が沈んだあとで
・真夏のアスファルトによる熱射病(犬の鼻は人間と比べて地面に近い)
・肉球のやけど
・ノミ、ダニ、蚊などの害虫
・空気の感想による気管支炎
・暖房器具による事故
・運動不足

 arf2-dog ホーム
Copyright (C) arf2-dog.com, All Rights Reserved.